目障りないぼを切除しよう!納得が行くまで医師と話し合うことが大事

サイトメニュー

確実に除去できるのが特徴

カウンセリング

短期間で改善できます

腕や首周りといった様々な場所に発生するいぼに悩まされている方は多いため、市販の治療薬によって各自で治療するだけでなく、美容外科などで治療することも一般的となっています。美容外科での治療方法は大きく分けて2種類あり、専用の塗り薬を使用する方法と手術などの外科的治療を行う方法が挙げられます。発生したいぼの状態に合わせて治療をする必要があるため、一般的には医師の診断結果に基づいて治療方針が決まるようになっています。いぼ切除の特徴的な点として、治療に必要な時間が最も少なくて済むことが挙げられます。いぼが発生した部分を丸ごとくり抜くように治療されるため、多くの場合一回の手術で治療が完了するようになっています。皮膚の奥に侵入した発生原因のウイルスも摘出することが出来るため、再発する可能性も低いというメリットがあります。そのため、短期間で確実に除去したいという方は、切除手術を受けるのがオススメと言われています。また、大きくて硬くなってしまった物は切除手術を行うのが良いと言われています。いぼが発生して長い時間が経過すると、より大きく腫れ上がるだけでなく、周囲が硬くなってしまうことがあります。この状態になると治療薬が皮膚の奥まで浸透しにくくなるため、塗り薬による治療は効果が薄いと言われています。この事から、治りにくい物に対しては切除手術を検討するのが良いでしょう。切除手術は他の治療法と違って保険が適用されることがあるため、治療費用を結果的に大きく抑えられることも特徴となっています。切除手術はどの方法もいぼの発生部位周辺をくり抜くという点で同じとなっていますが、皮膚に掛かる負担の大きさや必要な費用の面などで違いがあります。代表的な切除方法として、炭酸ガスの医療レーザーを使用する方法が挙げられます。皮膚組織の中に炭酸ガスレーザーを照射し、水分を蒸発させていぼを切除するようになっています。保険が適用されないため治療費用は少し高くなってしまいますが、レーザーを照射する前に局所麻酔薬を使用するため痛みが少なく、仕上がりも綺麗で治療跡が残りにくいという特徴があります。完治率も高くなっているので再発の可能性が低く、何度も病院へ行く必要が無いというメリットもあります。そのため、目立つ部位にイボが発生してしまったので仕上がりを綺麗にしたいという場合や、一度の治療で完全に除去したいという場合はレーザー治療を受けるのが良いでしょう。いぼを切除する別の方法として、液体窒素を使用する方法が挙げられます。発生部位周辺に液体窒素を塗り付ける治療方であり、原因ウイルスや炎症してしまった組織を凍結させて切除するようになっています。医療レーザー治療よりも痛みが強くなってしまいますが、保険が適用されるので安価で治療をすることができます。この事から、発生したいぼが小さくて費用をなるべく抑えたいという場合、液体窒素で治療をするのが向いていると言えるでしょう。どの方法も手術後は患部が刺激に敏感となっているため、ガーゼなどで保護をする必要があります。以上の事から、治療後のアフターケアをしっかりとすることが重要であると言えます。

Copyright© 2018 目障りないぼを切除しよう!納得が行くまで医師と話し合うことが大事 All Rights Reserved.