目障りないぼを切除しよう!納得が行くまで医師と話し合うことが大事

サイトメニュー

できものを取る手段を知る

顔に触れる女性

必要な施術と不要な施術

顔や肩、手足の目立つところにできたいぼは、美容外科クリニックなどで早めに切除手術を受けて治してしまうことをお勧めします。その際に申し込む手術についてですが、今はメスやハサミを使って切除する昔ながらのやり方以外にも様々なやり方があるのです。一番手っ取り早くとってしまうことができるのはこういった昔からの方法ですが、できるだけ傷跡を目立たないようにするには適したやり方があります。炭酸ガスレーザーでいぼの細胞を焼き、ぽろぽろと除去するやり方だと一回の施術であっさりと治療することも可能です。しかし、その反面保険が適用されないこともあってコストが高くなるので、そうしたメリットとデメリットを知っておくことは大切なことといえます。良く知らないのにレーザーのほうがいいからと選んで申し込むと、予想外の金額を提示されてしまうので気を付けましょう。基本的に美容外科や美容皮膚科というものは必ず事前にカウンセリングを行うので、その場でしっかりと聞いておくことが重要となります。ここで焦って、効果の高い美容整形手術を申し込んでトラブルになることが多いので、じっくりと時間をかけていぼを消していきましょう。申し込みの段階だとどうしても急ぎたくなりますが、まずはどこでもいいので皮膚科にいってみてもらうことをお勧めします。そこでそのいぼがウイルス性の緊急を要するものか、あるいはただの角質の変化なのかを知っておけばどう対処すればいいのかを決めることができるのです。いぼは放置しても治る可能性はまずありませんが、ウイルス性でなければ悪化する可能性も低いので慌てずゆっくりと治していきましょう。手足の目立たないところであれば皮膚科で適当にとってもらうことができますが、顔という目立つ箇所の場合は慎重に除去しなければいけません。傷跡が残る、さらには痛みがずっと続くといったトラブルが起きる可能性もあるので、コストをかけて適切な治療を行うべきです。しかし、レーザーで焼くとなると高額なコストを支払うことになってしまい、いぼを消せてもあまり満足いく結果にならないでしょう。そこでレーザー以外にも低コストできれいにいぼを消す方法をしっかりと探し、何が一番自分に合ったやり方を選ぶべきです。いまはいぼの除去クリームを継続して塗布し続け、数週間から数か月かけて消していくという気の長いやり方もあります。ほかにも鍼灸を用いたやり方もあり、これはレーザーと同じくいぼを焼くやり方でありながら保険が適用されるので安いです。その分時間もかかり、行うことができる病院も限られていますが、遠出する価値は十分にあるので申し込みする際はそういった面も見ていきましょう。体にできたいぼは液体窒素で固めてピンセットで取るやり方が主流ですが、見栄え良くするにはあまりいい方法ではありません。一回の施術で簡単に除去できる代わりに痛みも強く、傷跡の残りやすいやり方となっているのでこれを選ぶのは魚の目などだけにしておきましょう。切除というと外科的な方法がイメージされますが、最近の技術と薬学の発達によってさまざまな手段が登場してきています。古い情報に気を取られず、何が一番確実にできものを消せるのか、一番自分が満足できる切除施術は何なのかをよく考えていけばいい結果を得られることでしょう。

Copyright© 2018 目障りないぼを切除しよう!納得が行くまで医師と話し合うことが大事 All Rights Reserved.