目障りないぼを切除しよう!納得が行くまで医師と話し合うことが大事

サイトメニュー

レーザー治療や電気メス

ボディ

美容皮膚科を受診したい

直径が5mm以上の大きなイボが顔や首、胸元などにあると老けた印象を与えてしまいますし、直径が2、3mmぐらいの小さなイボが複数あり、コンプレックスを感じている人も多いです。皮膚科のクリニックではハトムギの成分を使用した、外用薬や軟膏なども処方してくれますが、効果を実感するには一定期間が必要です。加齢が原因のイボの場合は紫外線などの影響で、皮膚のターンオーバーが遅れがちになり、古い角質が剥がれ落ちず皮膚にぽつぽつが見られる状態です。加齢が原因のいぼの場合は、人に感染する心配はありませんが、ウィルスが原因の可能性があるので、早めに皮膚科や美容皮膚科で診察を受けることが大事です。美容皮膚科や皮膚科のクリニックでは、液体窒素や炭酸ガスレーザー、電気メスによるいぼ切除が受けられます。液体窒素はマイナス196度の液体窒素を綿棒に付けて、焼き切る方法ですが保険適用が受けられることが多いです。液体窒素による治療を受けている人が多いですが、多少の痛みが伴うので、痛みに敏感な人には炭酸ガスレーザーや、電気メスによる切除がお勧めです。一人一人の皮膚の形状や種類によっても最適な治療法が違ってくるので、納得が行くまで医師と話し合うことが大事です。問診や診察、カウンセリングに時間を掛けてくれるクリニックを選びましょう。完全予約制で清潔な個室で診察が受けられるので、プライバシーは厳守してもらえます。軟膏や外用薬では効果が出にくいと感じている人は、医師に相談してみると良いでしょう。口コミで評価の高い皮膚科のクリニックは、症例数を多く取り扱っているので、安全性の高い治療が受けられます。いぼは加齢や紫外線が原因の場合と、ウィルスが原因の種類があるので、自己判断はせずに皮膚科や美容皮膚科で診断をしてもらい、最適な治療法を提案してもらいましょう。電気メスや炭酸ガスレーザーによるいぼ切除は、表面麻酔やクリーム麻酔をしてくれるので、施術中に痛みを感じることはほとんどなく、ダウンタイムが少ないのが特徴です。美容外科のクリニックでいぼ切除を受けた後の注意点を知っておきたい人が多いですが、施術を受けた後は透明な絆創膏を貼ってくれるので、患部は濡らさないようにしましょう。電気メスや炭酸ガスレーザーによる治療を受けると、数日を経過するとかさぶたになるので、自然に剥がれ落ちるのを待つことが大事です。施術を受けた当日は患部を濡らさないようにすると、シャワーを浴びることが出来ますが、数日は入浴を避けたほうが良いでしょう。直径が2、3mmの小さい形状に比べると、直径が5mm以上の大きさの場合は皮膚が盛り上がっていたり、黒ずんだりしていることが多く費用は高めになっています。電気メスや炭酸ガスレーザーによる治療は、保険適用が受けられないことが多いですが、施術後はとてもきれいな仕上がりが特徴です。40代、50代ぐらいの年齢になると、数が増えてきて悩んでいる人が多いですが、体質的になりやすい場合は20代、30代の若い人にも見られることもあります。施術を受ける前や受けた後は、強い紫外線を浴びないように注意をしたり、日焼け止めや帽子、日傘などを外出の時は持参したりすると良いでしょう。症例数を多く取り扱っている信頼できるクリニックがお勧めです。

看護師

見た目や不便を改善しよう

美容クリニックでは、顔だけではなく体のいぼも切除してくれるため、見た目と生活での不便を解決してくれます。カウンセリングとアフターフォローが充実しているため、いぼを切除するのが初めてだとしても手術には不安なく挑めるでしょう。

詳しく見る

カウンセリング

確実に除去できるのが特徴

いぼの切除手術は治療効果が高いため一度の治療で終わらせることができ、再発する可能性も低いという特徴があります。切除手術の方法によって肌への負担や必要な費用が異なっているため、症状や希望に応じて選択する必要があります。

詳しく見る

顔に触れる女性

できものを取る手段を知る

いぼの切除手術を申し込む際には急ぎがちですが、緊急の対処が必要なのはウイルス性だけなので慌てすぎないようにしましょう。レーザーなどは効果的な反面高額な費用がかかるので、クリームを塗る、鍼灸で焼くなどのやり方も選択肢に入れていくべきです。

詳しく見る

人気記事

看護師

見た目や不便を改善しよう

美容クリニックでは、顔だけではなく体のいぼも切除してくれるため、見た目と生活での不便を解決してくれます。カウンセリングとアフターフォローが充実しているため、いぼを切除するのが初めてだとしても手術には不安なく挑めるでしょう。

詳しく見る

カウンセリング

確実に除去できるのが特徴

いぼの切除手術は治療効果が高いため一度の治療で終わらせることができ、再発する可能性も低いという特徴があります。切除手術の方法によって肌への負担や必要な費用が異なっているため、症状や希望に応じて選択する必要があります。

詳しく見る

顔に触れる女性

できものを取る手段を知る

いぼの切除手術を申し込む際には急ぎがちですが、緊急の対処が必要なのはウイルス性だけなので慌てすぎないようにしましょう。レーザーなどは効果的な反面高額な費用がかかるので、クリームを塗る、鍼灸で焼くなどのやり方も選択肢に入れていくべきです。

詳しく見る

Copyright© 2018 目障りないぼを切除しよう!納得が行くまで医師と話し合うことが大事 All Rights Reserved.